糖尿病に負けないで!頑張るあなたの対策ガイド
Home » 糖尿病対策ガイド » 糖尿病の患者は少なくない
ribbon

糖尿病の患者は少なくない

世界の総人口は、現在73億人を超えています。
そして、日本の総人口は、約1億2600万人から2700万人を推移しています。
さて、「糖尿病」と呼ばれる病を抱えている患者数は、日本全国でどのくらい居ると思われますか。

実に、約950万人と言われています。
そして、糖尿病予備群と言われる治療開始未満の人々が、約1100万人。
あわせて、約2050万人が糖尿病と考えられています。
約5人に1人が糖尿病なのです。
しかも、その数が増加傾向にあるのです。

世界的にみても、患者数は4億人を超えており、成人の11人に1人が糖尿病と考えられ、爆発的な増加を遂げているようです。
こうした、統計上からみても、「日本の糖尿病患者は決して少なくない」のです。

糖尿病予備群とは、境界型とも言われ、まだ、診断できない状態であるが、数年以内に糖尿病を発症する確立が高い人達を示す意味なのだそうです。
2型糖尿病の患者と予備群のほとんどにおいて、その主な原因は、遺伝があるないにしても、生活習慣にあります。
健康診断などで、「血糖値が高めですね、気をつけましょう」と言われた方、いませんか。
その時点からならば、まだこれから先の人生を、健康的に過ごすことができる位置にいます。
ぜひ、生活習慣の改善を早速試みてみませんか。
診断を受けて、治療が始まったばかりの方も、まだ猶予はあります。
重症になって、恐い「合併症」が出てしまう前に、引き返してみませんか。

糖尿病による「合併症」が、この病気の中で一番恐いのです。
全身病とも言われる糖尿病では、重症化すると、日常生活に支障を来たしたり、命を落としかねない「合併症」が出現してきます。
この「合併症」をいかに近づけないかが、糖尿病の予後を決めます。
ちなみに、糖尿病による死亡率です。人口10万人に対しての死亡者数ですが、全国平均は、11人です。
決して多くはありませんが、糖尿病でも亡くなる方はいるのです。

糖尿病は、薬を飲めば治るという病気ではありません。
「継続」という言葉が付きまとう厄介な病気です。
しかし、「血糖コントロール」さえ、しっかりできていれば、十分に病態を改善可能なものでもあるのです。

患者数、決して少なくないこの病気になってしまう前に、そして、この病気に打ち勝つために、生活習慣の改善を見直してみませんか。
改善していくことは、なかなか難しく、「継続」するには、大変な努力が必要かもしれませんが、ほんの少し、たった1歩だけでも、前へ進むことができれば、何か違いが出てくるはずです。

糖尿病対策ガイド | 09月08日更新